SENNHEISER MKE 600 x2でステレオ収音

技術, 撮影, 機材, 現場

昨日はエープロでは珍しい、お琴、三味線などの和楽器のLIVE収録でした。

カメラワークは当然めいいっぱいこだわりながら、いつも以上にこだわったのは”収音”方法です。

1.PAからの2MIXをライン録音。(おさえでCD-Rも回してもらう。)

2.エアー録り。 いつもならステレオマイクでいくのですが、今回は初の試みでゼンハイザーのENG系ガンマイクもMKE600 x2でステレオ録りしてみました。S/Nは間違いありませんからね。 まあ音屋さんですとここはDPA、AKG、SCHOEPSとなるところなのでしょうが当方ビデオ屋なのでそのような高価なコンデンサーマイクは持ち合わせておりません。。が、良いガンマイクはいっぱいあります。それを使ってみました。 今回の現場の舞台〜カメラの距離感的にも丁度よいと判断しました。 まだ編集前なのですが楽しみでしょうがありません。

いつか公開いたします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧